スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいかげんにしなさい!

はいはい、またまた行ってきましたよ。ええ、亀山です。

今週は「亀山初めて~!」という仲間が遠路はるばる静岡県は吉田市

から、なんと3名も参加です。あんた達も好きねえ・・・。

いつものよりともから出船。少々ポイントの案内をしながら笹川を

上り、現在の1級ポイントに「もっちゃん」に入ってもらうことに。

「ザ・箱根」の会長、渡辺さんにはもう少し上手のポイントへ。ここで

現在の水深が約8メーター。半魚人こと石井さんには、安定した結果が


得られやすい「倒れ杉」のポイントに入ってもらうことに。

少々ポイントが分かってきたファルコンのチャンプ、俊さんは倒れ杉

の対岸を今日の戦場に選んだ模様。オトートは船山親子を引き連れて

本湖方面の「トンネル下」へと向かった模様。おいらは笹川入口に

少し頭を出していた立ち木群に着船しますた。竿は18尺、タナは一杯

ウキは・・・げげげげ、ウキが入ってねーよ・・・まじっすか。

竿ケースを漁ると、ひとつだけケースがある。中身はっと。う~む、

グラスムクしかねえ。。。確かにここ亀山湖でグラスムクを使った完全

一方通行の釣りは効果がある。もう3年位前になるが、一時やりこんで

みた。結果的に尺半も出すことが出来たが、釣法的に限界を感じていた

のも事実。でかい奴ら特有の、きついアオリや、重量感のあるアタリを

「選んで取る」にはグラスムクは適していなかった。基本的にウキに

出るアタリは全て取っていくグラスムクの一通(アタリを取るタイミン

グに関してはトップの全長内でのみ多少融通が利く)の釣りは、亀山湖

で行なった場合にその高すぎる魚体アベレージによって、結果的にまあ

まあの結果を残せてしまう。ただ、尺半から上、48クラスや、おいら


が日々夢見る50クラスを「狙って獲る」には自ずと限界が見えてきて

しまうとおいらは考えている。だから、この時は「あ~あ・・・」って

感じだった。それでもなんとか釣りを成立させる為にマッシュ系の、

ごくごく軽い両ダンゴ時々グルテンって感じで攻めてみた。今回、

おいらにはハイライトらしきものも無かったんで結果を先に書くと、38

クラスが3枚という、さびしい釣果となった。。。

実は今回、同行した仲間8人で最大魚を釣った人総取りで(8000円)

カッパギをしていた。終わってみると・・・な~んと、亀山初挑戦の


会長、石井さんは共に9~10枚、会長にいたっては43.5という

立派な地べらを釣ってきた。石井さんも尺4寸は釣ってきた。案内した

手前、とても嬉しくまた、ほっとしたのも事実。もっちゃんが釣果に

恵まれなかったが、次回のお楽しみということで。ね、もっちゃん。


さて最大魚。俊さんが魚の入ったナイロン袋を持って帰ってきた。おお

でかいのとれたんかな?ただ、少々顔色がさえない。魚を取り出して

検寸台にのせる。う~ん、47、いや47.5はあるかな。いや~立派

立派!こんなでかい半べら見たことねえなあ・・・半べらいらん!!


今回、ボンゴフレンディに人間5人とへら釣りの道具5人分を積んでみ

たんだが、さすがに辛いね!もっとデカイ車を買おうと、密かに心に

誓ったのでした。

参考までに・・・

竿:ダイワ伯天弓18尺
道糸:サンラインパワード2.0号
ウキ:修水作「芦ノ湖スペシャル」16号グラスムクトップ
ハリス:サンラインパワード1.25号 60センチ/80センチ
ハリ:がまかつ あわせ尾長9号上下
エサ:尺上①・マッシュ②・もじり①・マッハ①・水④をペトコンに
   本グル①・水1.5(標準だと固くね?)

さて、来週は久しぶりの普通?の釣り場、精進湖に行く予定。
スポンサーサイト

もはやルーティンワーク?! 亀山湖の巻

今週も行ってきた。亀山ダムだ(変換間違うと亀山だ無駄・・・)。

天気予報は悪くない。仲間6人との釣行なのでいい1日になりそうだ。

勇んで出船した。新調の55Lbのミンコタもすこぶる快調だ。

「・・・もじりないな。泡付けも少ないな。」仲間がつぶやく。
笹川中流の左岸に着船し、とりあえず15尺を出し一杯のタナでえさを

打ち始めた。すぐにさわりだす。が、経験上亀山でこういう状態の時は

あまり良くない。出たとしても小さい場合が多い。で、ブルーギルが

順調?にハリ掛かりしてくる。仲間も同じ状態のようだ。ハリ、えさ

共に一回り大きくしてエサ打ちを続ける。気付けばもう10時だった。

下手側に入った仲間から携帯が入る。ダメだと言う。竿が13尺との

ことなので、15尺はアタリはあるよ(ギルの)と伝える。

しばらくするとその仲間から声が掛かる。「出たよ~」と15尺を

大きく絞っている。殺すぞこのハゲ・・・

対岸と、並びに入っている仲間にもそう伝えてみた。ハゲが出したと。

しばらくすると竿替えをした、並びの仲間がやおら立ち上がる。

尺3寸ほどの魚を大事に取り込み、俺に嬉しそうな笑顔を向ける。

池に落とすぞ、このサル・・・

時間が無い。少々焦った俺は半ばやけで24尺をスルスルと繋ぐ。

タナは4本(釣れてる棚を一応参考にしました♪)。5投ほどすると

なにやら気配がある。「見てろ・・・」ひとりごちてみる。と、

ドンっ!と修水作亀山モデルが姿を消した。俺の煉がうなる・・・わけ

ない。釣れたのはまたもブルーギルだ。しかもでかい。どうでもいい。

時計に目をやりつつ次投を送る。なじみ際にツッとかる~く入る。

なんかしらんが俺もつられてかる~く合わせてみた。お?おお?おおお

おおおお?くどい。とりあえず、へら釣れました。はい、簡単に。

おんなじ感じで1枚追加し、今日のところは竿を収めた。

ふー、よかったよかった。仲間もそれぞれ2枚ずつの釣果だった。

追記

ここのところ、亀山は少々調子を落としています。釣れることは釣れる

のですが、尺5寸上がなりをひそめています。例年だとそろそろ笹川

のみならず、折木沢方面や川口方面、医院下方面も調子を上げてくる

頃かと思われます。それとボチボチ棚も下がり始めます。丈6くらいで

始めてみて、気配が薄いようなら徐々に深いタナを探ると思わぬ幸運に

巡り合うかもしれません。もう少し陽気がしまってくると底釣りも効く

ようになると思います。

あ~、明日も行くって言っちゃったよ・・・・・・・・・・・・・・

つれなくされると。。。

日曜日、懲りずに出かける亀山湖
水色はコーヒー牛乳、亀山湖

亀山湖、それでも大勢舟を出す。
島裏で、管理場並みの大もじり。

ニヤニヤと、妄想しながら竿を出す。
気がつけば、あっという間に昼になる。

こりゃいかん、濁りだ、浅場だ、底釣りじゃ。
すぐ当たる、ず~っと当たるよニゴイとギル。 字あまり。

やっぱりな、こういう時は深場で宙。
そうくるか、サワリもなんもありゃあせん。

忘れてた、朝イチ仲間も呼んじゃった。
つれない娘、釣れない湖よりまだましじゃ。

帰り道、ドナドナの歌が聞こえるねえ。。。。大泣き。。。

・・・・・ら、来週はつ、つ、釣れるんかのお?・・・・・

SMのどっちかっていえばどMかも。(注:亀山師ほぼ全て)

こんな俺、そろそろ考えていいんじゃない?

また来週~!

全記事(数)表示

全タイトルを表示
プロフィール

しゅんちゃんVer2

Author:しゅんちゃんVer2
休日はほぼ100%!!で、へら鮒を捕まえに行ってます。
芦ノ湖、亀山湖、戸面原ダムが好物です。
いつの日にか、この手に50上を手にしたいと、
そんな夢を持っています。でも、小さいへらも決して
嫌いじゃないです。だって、いつか巨べらになるんだからね!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入り
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
あなたの運勢は!?
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。